グラフィックデザイン

今日はその名の通り”グラフィックデザイン”について主観、客観を交え論じて行きたいと思います。またこれは自身への復習事項も兼ねています。

デザインについては様々な意見がありますが、おおよそこうではないかと思います。”生活のために必要な色々な物を作るにあたり、物の材料や構造や機能はもとより、美しさや調和を考えて、一つの業態あるいは形式にまとめ上げること。計画、設計のこと”
その中に置いてグラフィックデザインは、レイアウト技法、色彩論といった技術を使い、絵や文字、写真を用いて物事を美的に表現することだと思います。

「WHAT IS Grafic Design」という書籍に”グラフィックデザイン”という用語を作ったのは、ウィリアム・アディスン・ドゥキンズというアメリカ人デザイナーだということが書かれています。「レイアウトを考えるときは、まずはアートという意識から離れて、身近な通俗の感覚を使うべきだ。重要なメッセージは前面に打ち出し、副次的な部分も見落とされないように配置する。そのためには、一般的な感覚を磨く訓練をしなければならないし、アートの才能よりも分析能力の方が必要だ。」と書かれています。
やはり一般的な感覚という事がポイントではないかと思います。(テクニックに走っては良いデザイナーとは言えないでしょう。)また社会的な目的を持つものなのでアートではありません。

身近にグラフィックデザインが使われている物と言えば、チラシ、DM、本、雑誌、カレンダー、ポスター、CDジャケット等おおよその印刷物でしょう。またロゴやパッケージもそうです。CI(コーポレートアイデンティティー)もグラフィックデザインの応用技術でしょう。
そう考えると身近にはデザインされたものが山のようにあると溢れ返っています。

問題を解決するということ

どんな職業にもいえるとことだと思いますが、根本は”目の前ことを解決すること”ではないかと感じます。私も仕事の中でクライアント様によく”これどうしよう”とか”これ何とかなりませんか”という”問題”を常にいただきます。そして当然のことながらお客様と一緒になって考えます。そして私の出来る範囲ですが、その問題をクリアし喜んでいただけることが私の喜びであり、やりがいでもあります。

問題を解決することは簡単なことではありません。この仕事をやっていて一つとして同じものはないです。その都度その都度、問題は変わります。(同じようなパターンはあるかも知れませんが…)

ですから毎回、”全力で取り組んでいます”というのが本音です。しかし100パーセント解決しているとは限りませんが…  

これからもクライアント様が抱かえる問題を可能な限り解決して行ければ思います。

タイピング

ひとむかし前にキーボードを使った”タイピング”という言葉が流行りました。

タイピングゲームとか、小学生くらいの子供たちがこぞって腕を競っていたように思います。

やはり最大の特徴は”楽しく学べる”ということではないでしょうか。

私も以前パソコンのスキルを高めるためキーボードを使ったタイピングをしばらく実施していました。
もうその頃にはオンライン上でタイピングソフトがありましたので、それを使っていました。

それが”イータイピング”というものでした。

あとから知ったのですが、結構会員数の多いサイトだそうで、たまたま営業に出かけたビルに、その会社さんがありビックリ。 名刺ぐらいは渡し、色々と話を伺うことも出来ました。

ビジネスとしての目線で見ると、とにかく目の付けどころが良いというのが印象的で、まだ社長様はお若い方でした。 

まさに名古屋の”ITベンチャー”ですね。 少ししかお話出来ませんでしたが、非常に勉強になりました。

e-typing
http://www.e-typing.ne.jp/

サイン

TYDesignのロゴサインステッカーを作ってもらい、早速事務所のガラス窓に貼りました。

またラーメン店「嵐が如く」さんの駐車場案内サインも制作させていただきました。

3M製のステッカーは対光性が非常に良いらしく、発色も気にいっています。色数も豊富ですね。

企業とプロモーション

情報を”知る”、”得る”、ということにおいて、我々を取り巻く環境には様々なメディアが存在します。
それらから発信される情報量というものは、我々のキャパシティを超えています。
そんなご時世ですから、情報はコンパクトにまとまり、また訴求効果が良いものが好まれるでしょう。

広告というものの原点は”伝えること”、絵や画像、文字を使い表現することですが、その表現手法というものが時代とともに進化し、よりクオリティの高い表現であったりします。

そういった背景から企業活動におけるPR活動は、様々なメディアを駆使し、いろいろな側面から消費者に働きかけてきます。しかし広告や映像で表現される内容が必ずしも企業の本質をとらえているということはないと思います。むしろ映像表現による誇大効果のきらいがるような気がします。

”伝える”ということは、一体何なのか…

いつもそんな疑問がよぎります…