飲み会の席で、上司のよくある「先輩風」を見える化するシステム ―「先輩風壱号」―

先輩風壱号の画像
デザイン

最近ユーチューブの動画広告で、面白いものを見つけました。
昨今話題となっている「AI」という言葉。実はその歴史は1950年代に発生したもので、「人工知能」とも呼ばれています。
AIは従来のコンピューターとは違い「学習機能」というものがあり、テレビゲームなど敵のキャラクターがどんどん強くなって行く現象が正にそうだと思います。
最近ではその精度も上がり、天気予報や犯罪捜査などに利用され、それなりの成果を上げるまでになってきています。

そんな技術を利用し、作られた面白い物が「先輩風壱号」という複数の扇風機が取り付けられた椅子です。

先輩風壱号の画像
先輩風壱号の画像

この椅子にはAI機能が搭載されており、飲み会の席などで上司が部下に説教などのいわゆる「先輩風」を吹かせたときに、扇風機に搭載されたセンサーが反応し、扇風機が回りだすというちょっと面白い仕組みです。

気になる仕組みですが、まずAIがある「俺の若い頃は~」や「近頃の~」というキーワードを検出。次に会話内容、発言内容を解析し「パーソナリティ」などを測定。また音声も解析し、声質から「感情」を測定するそうです。
それらをAIが総合判断し、扇風機が回りだすと言う仕組みになっているそうで、またその度合いによって風量が変化する機能もあるそうです。

先輩風壱号のシステム

ファン部分

測定部分:何も起こらない時は”平和”という目印になっているところが面白いです。

 発案元であるヤッホーブルーイングでは全国の20代~50代のビジネスパーソン男女800人を対象に「上司と部下の飲み会実態調査2018」を実施。仕事関係における飲み会で「上司が部下の1.7倍も話している」「部下の6割以上が上司の武勇伝を聞かされた」といった実態がわかったそうです。話したい内容のズレや、話している時間の差などを少なくすれば、対等に話せるフラットな環境になるのではないか?そう考えて、社員同士で企画の意見を出し合うなかで、「先輩風を可視化してみたらいいんじゃないか」というアイデアが出たそうです。

先輩風壱号の紹介ページhttps://yonayonaale.com/teambeerding/senpaikaze/

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

デザイン
1
茨城県土浦市に体験型ショッピング施設「プレイアトレ土浦」がオープン

https://youtu.be/9qE2FzHwW0w 茨城県土浦市の駅前に「プレイアトレ土浦」が …

デザイン
ブローニュ株式会社様|海外婦人服ブランドリーフレットを作成させていただきました。

ブローニュ株式会社様|海外婦人服ブランドリーフレットを作成させていただきました。 フィンランドに古く …